あゆむん広場

認知症予防の体操、講演、イベントなど開催しています。

長息する会

皆さんこんにちは。

体操講師の野呂です。


2月3日(土)、ガイアそうこ中村店で、「長息する会」が開催されました。


長息する会とは…?



「呼吸」にスポットを当て、


自分の呼吸を知る

呼吸を深くする

呼吸に意識を傾ける



ことを目的として始めた会です。




普段患者さんに施術をしていると、

呼吸が浅い方が非常に多いように思います。


呼吸が浅いと、身体には様々な問題が起こります。


● 疲れが取れにくい
● 免疫力が低下する
● 胃腸の働きが弱まる
● 肩こりなどの原因に

などなど。


一番の問題は、

呼吸が浅くなっていることを本人が自覚していないということです。


今回この「長息をする会」を行うことで、より多くの方に呼吸に対して関心を持ってもらいたいと思いました。




記念すべき第一回は、ヨガを応用したエクササイズ!!

image1.jpeg
マットの上で行います



「月経血コントロールヨガ」の資格を持つ先生に、指導してもらいました。


image2.jpeg
皆さん真面目にやってます…


1時間エクササイズ、1時間瞑想に時間を取り、

合計2時間、ゆったりと呼吸に対して取り組んで頂きました。


image5.jpeg
呼吸中の身体の動きを感じてもらっています。気付くことが大切。



今回行ってわかったことは、


やはり皆さん体が硬い(苦笑)


しかし、会が終わる頃には身体の使い方も変わり、

確実に行う前より呼吸がよくなっていたように思います。



次回は、4月7日に開催予定です!!

次回のテーマは「アロマオイル作り」

体調・体質に合わせたオイル作りをしちゃいます☆

気になる方は、院までお問い合わせ下さい!!

鍼灸接骨院ガイアそうこ(中村店)
052-841-5589

「長息する会について聞きたい」とお申し付け下さい!
スポンサーサイト

認知症を疑った時に

皆さんこんにちは。

講師の野呂です。

最近めっきり寒くなりました

先日は名古屋でも朝方に雪が降り、いよいよ冬本番、という感じです。

私は毎年車を冬タイヤに換えるのですが、今年は降りそうな雰囲気なので、間に合ってよかったと思います。

これで、冬の体操教室にも、問題なく行くことができます

皆さんは足元に気を付けて来てくださいね。




さて、皆さんは、親しい人が認知症??と思った時、どうすればいいかご存知ですか?

もしくは、どうしようと考えていますか?


親が…

夫が…

妻が…

親戚が…

もしかして、私って…


今回は、「認知症かも?」と思った時、どのように行動すればいいかをお話ししたいと思います。





① 医療機関に相談する


一番最初に思いつくのが、これではないかと思います。


「神経内科」「精神科」「心療内科」など、対応できる医療機関は幅広くあります。最近では「もの忘れ外来」という専門外来を設けている医療機関もあり、窓口は広くなったように感じます。

知らない病院に行くのが不安な場合は、かかりつけ医に一度相談するのも手です。



問題は、どうやって連れて行くか?です。

shinpai_ojisan.png
悩む人は多いです…


本人が望んでいる場合は問題ありませんが、

家族が連れて行く場合は本人が嫌がる可能性が高いです。


あなたは認知症かもしれない!!!

と言われれば誰でも嫌でしょうし、

認めたくない!!!

と思う人は多いと思います。



では、どのように言うとスムーズに病院に行くことができるか。


一番効果的で、かつスムーズに誘導できるのは、

脳の病気が心配だから、一度検査を受けてみよう?

とさりげなく伝える方法です。


認知症は嫌でも、脳梗塞などの病気は「一度検査してみようか」となりやすいです。

あらかじめ病院先に伝えておけば、あとはうまく検査を行ってくれると思います。


また、かかりつけ医に相談して先生に「一度診てもらってきなさい」と言われると、案外素直に行ってくれます。


先生パワーをうまく利用して、最初の関門をクリアしましょう!



さて、長くなりましたので、続きはまた今度にしたいと思います。


それでは!

いのちの波動

12月3日(日)に、「いのちの波動」というイベントに参加してきました。

このイベントでは、「いのち」について様々な分野から話を聞いたり、体験することができるワークショップが開かれました。



今回は、ワークショップのひとつとして、「呼吸」をテーマに扱いました。


生きる上で避けることができない行動のひとつに、「呼吸」があります。

shinkokyu_woman.png
深い呼吸、できていますか?



食事は数日なくても死にませんが、

呼吸は数分我慢することも難しいです。


そんな呼吸が乱れると、身体に様々な悪影響が出てきます。


自分の呼吸がどのようになっているか?

どのようなことをすると呼吸を整えることができるか?



それらを「体験」を通して、たくさんの方に呼吸について触れてもらう時間を作ることができました。



当日は予約制でしたが、瞬く間に満席になり、予約が取れなかった方が周りで見ているという状況になりました。


「いのち」に関わるイベントということで、


呼吸に対して関心が高い人が多いということ。

呼吸が大切、と感じている人が多いということ。



ということがわかり、なんだか嬉しく思いました。



今回の体験は、私たちにとっても貴重な体験となりました。

皆さまに更に還元できるよう、がんばっていこうと思います。



参加して下さった方々、ありがとうございました。


写真は、ガイアそうこ名東のブログに載っています。

ぜひ、こちらもご覧ください。

「いのちの波動」でワークショップを開催しました(^^)/ (鍼灸接骨院ガイアそうこ名東のブログ)

いざという時の…

皆さんこんにちは。

講師の野呂です。


最近めっきり寒くなりましたね

私は朝に白湯を飲むようにしています。

寒くなってくると、この白湯を飲むのが心地よくなり、朝からほっこりできます。

白湯、おススメです



さて、今回は毎月第1~3火曜日に行っている「こころん体操くらぶ村雲」での活動を紹介します。


11月7日に、「AED講習会」を行いました

皆さんはAEDの使い方はご存じでしょうか?


セコムさんでわかりやすい解説がありましたので、載せておきます↓
AEDの使用方法と心肺蘇生の手順|防犯対策・セキュリティのセコム

機械によって多少は違いますが、基本は同じです。


なぜAEDが必要なのか?

緊急時にどういった行動をしなければならないか?



などなど、実演を含めて90分間しっかり講習をうけることができました。


IMG_0861.jpg
講習用の人形を使って実技を受けました




修了時には、救命入門コース参加証をもらいました。

IMG_0906.jpg
こんなカード。救命に対して自覚が芽生えます



今回の講習をただ受けただけで終わらせず、なにかあった時は習ったことを活かせるように復習していきたいと思います。




また参加者の希望があれば、体操以外にも色々チャレンジしていきたいと思います。


それではまた!

認知症にツボ??

皆さんこんにちは。

講師の野呂です。


今回は、鍼灸師としてツボのご紹介をしたいと思います


その前に…

今回ご紹介するツボは、

認知症の予防、改善に効果がある!と断言するものではありません!!!

それをご理解頂いて、お読み下さい

chiryou_hari.png




【周辺症状を落ち着かせるツボ】

今回は、手の平を使います。

body_te.png



認知症の方は、病気からくる症状である「中核症状」と、

ストレスなどの外的要因からくる「周辺症状」があります。


ツボを刺激することで、ストレスを和らげ、周辺症状を軽くすることが期待できます


ツボなんて、場所がわかるかな…


と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、



安心して下さい(古っ)



確かにツボは特定の場所を指しますが、

その周辺を刺激するだけでも、十分効果は得られます。


それでは、具体的に場所を見ていきましょう



【手の平の真ん中を通る線】

body_te2.png

ツボは、手の平側にあります。

中指の先から、手首の真ん中へ通る線上で見つけます。


ツボの位置にを付けましたが、

最初はあまりこだわらずに、指先から線上をゆっくり押すようにするとGOODです。


ツボは、他の人がやってあげると効果が上がります



最初は難しいかもしれませんが、相手が心地よくなるのを心掛けて、行ってください。

大事なことは、心地よい刺激を与えてあげることです



ツボの紹介は、他にも随時行っていきます。

お楽しみに!

FC2Ad